ジオン共和国

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

ジオン共和国(じおんきょうわこく)は「ガンダムシリーズ」に登場する架空の国家。ジオン公国の前身となった国であり、公国が滅亡した宇宙世紀0080年にダルシアが首相となって復活した。


注意以降に核心部分が記述されています。


独立[編集]

人類が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって半世紀が過ぎ、地球の周りには数多くの宇宙都市が誕生していた。 当初は地上の人口増加や環境破壊の対策として歓迎されていた宇宙移民もやがて中止され、地球に残る一部の特権階級と宇宙へ無理矢理移住させられた難民との間には軋轢が生まれていた。宇宙移民であるスペースノイドの中には日に日に圧政や差別を強める地球連邦政府に対する不満が蓄積していた。こうした中、宇宙都市の一つであるスペースコロニーサイド3では政治家ジオン・ズム・ダイクンが連邦の支配から独立し、コロニー国家の可能性を示したコントリズムを提唱し、急速に人々の支持を集めていった。宇宙世紀0053年、ダイクンはサイド3の首相に任命された。0058年9月14日、サイド3は独立を宣言しジオン共和国を樹立する。これに対して連邦政府は経済制裁を行い、治安維持の為の宇宙軍を設立した。ジオン共和国も国防軍を発足させ、武力衝突も辞さない構えであった。だが、当のダイクンはあくまで連邦政府との話し合いで宇宙移民の国家を認めさせる考えであり、けっして武力を用いての独立は望んでいなかったと言われている。

ダイクン暗殺[編集]

しかし、やがて共和国内部ではダイクンとその側近デギン・ソド・ザビとの確執が表面化する。議会内部もダイクン派とザビ派に別れて対立し、双方は互いに流血のテロを日常的に繰りかえすようになった。その最中の0068年、ダイクンが急死する。一説にはザビ家の謀殺説も浮上しているが真相は不明である。後継人としてデギンが首相に選ばれた。ダイクンには二人の子供がいた。キャスバル・レム・ダイクン(シャア・アズナブル)とアルテイシア・ソム・ダイクン(セイラ・マス)であるが、彼らはザビ派の粛清から逃れるべく地球に亡命した。

ジオン公国成立[編集]

デギンは実権を握ると反対派を一掃し、0069年8月15日共和制を廃止。公王制への移行を宣言した。権力を手中に収めたザビ家はあくまで武力による連邦政府からの独立を目指し、軍備を大拡張する。そして0079年、ジオン独立戦争(一年戦争)を開始した。しかしこの戦争は国力に勝る連邦が勝利し、ジオン公国は滅亡。ジオンは再び共和制に復帰した。アニメ『機動戦士ガンダム』はこの時期の物語である。

その後[編集]

地球連邦政府は、一年戦争におけるジオン公国の戦争責任を全てザビ家に帰結させ、ジオン共和国には問わなかった(その代わり復興支援も行わなかった。これは事実上の棄民とも言える)。そのようにして成立したジオン共和国は、連邦のスペースノイドに対する懐柔としての傀儡政権の意味合いが強く再建はほとんど誰からも歓迎されなかった(特に、ギレン派の多いデラーズ・フリートに)。その後も旧公国の残党勢力の蜂起は続き、連邦軍はこれに対抗するためティターンズを結成する。連邦は宇宙における戦力の充実を図るためにジオン共和国から旧公国の技術を吸収し、また共和国軍の出動も要請する。アニメ『機動戦士Ζガンダム』ではこの場面が描かれている。

その後第一次ネオ・ジオン抗争で、共和国側の意志を問うシーンもなくハマーン・カーンに譲渡される。しかし、一部を除いてはハマーンに協力するでも反抗するでもなく、ネオ・ジオンの内紛によって重要コロニー「コア3」を破壊されてしまう。ネオ・ジオンの自滅後連邦・エゥーゴ艦隊に再占領されるが、それでもほぼ無反応で、事実上連邦政府に先駆けて自然消滅に近い状態だった。

第二次ネオ・ジオン抗争時には、新たにネオ・ジオン(前述の同名組織とは別組織)がシャア・アズナブルによって組閣されたが、このネオ・ジオンはスウィート・ウォーターを占拠し領土とした為、ジオン共和国とは関わっていない。ジオンの名を持つ国家と軍が並行して別個に存在していたことになる。

自治権放棄[編集]

宇宙世紀0099年9月14日、ジオン共和国内部においてネオ・ジオンと共和国将校の一部がクーデターを起こしたが、一週間後連邦軍が出動しこれを鎮圧。その事後処理でジオン共和国は自治権放棄することを宣言し、翌0100年ジオン共和国は消滅した。小説『機動戦士ガンダムUC』では、宇宙世紀0096年時点で、宇宙世紀0100年をもってジオン共和国自治権の返上が確定している旨の記述がある。なお、サンライズ非公式作品であり上記の公式設定とは異なるが、漫画『機動戦士ガンダム ムーンクライシス』ではこの時期に起きた事件が描かれている。

base0.txt;32;32