経済

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

経済(けいざい economy)とは、人間社会における生産分配流通消費等の活動をめぐる関係性の総体をいう。

概要[編集]

人間は相互に有機的かつ複雑な関係を結んで社会を構成する。社会においては生存のために必要となる食料など生産物の生産消費が行われているが、生産力が高まると、剰余生産物を巡る交換分配が行われるようになる。それらの活動がもたらす社会における相互の関係性が経済である。現代経済においては交換には貨幣が伴っている。この様に生産流通交換される物財は商品と呼ばれ、そこには食料衣服等のの他に、法律相談や郵便配達等のサービスや、証券等の権利や、情報も含まれる。

また、経済を対象とする学問として、経済学がある。

分類[編集]

  • 伝統経済(Traditional economy)とは生産や分配などの主要な経済活動が慣習文化によって大きく規定された経済である。集落や村落などの比較的に小規模な集団の経済にしばしば見られる形態であり、生産活動が個人の家柄や集団の文化によって定められているために予測可能性が高く、継続的かつ安定的な供給が維持される。
  • 市場経済(Market economy)とは企業や個人が自己利益を最優先して物財を生産し、市場において分配する形態の経済である。規範や指令もなく、市場における消費の動向によって生産活動が規定される特徴があり、個人の自由度が高く、意思決定が分散的であり、また希少性の変化に柔軟に反応できる長所がある。ただし市場経済の成立には競争性、自由性、完全情報性の条件が必要であり、また市場の失敗という問題点も抱えている。
  • 指令経済(Command economy)とは中央当局によってあらゆる経済活動が運営されている形態の経済である。計画経済とも言う。産業への必要物資、生産目標、生産割り当てなどが定められ、その計画に基づいて経済活動が遂行される。経済資源や労働力を計画的に運用することができるために特定の産業を集中的に発展させる長所がある。ただし計画経済には需要と生産の不一致、労働へのインセンティブの欠如、巨大な意思決定システムの必要性などの欠点もある。

語源・用語[編集]

日本語英語それぞれ異なる語源を持つ。

経済
経済という単語は世の中を治め、人民を救うことを意味する経世済民(若しくは経国済民)の略である。最も古い例は東晋葛洪によって記された『抱朴子』(ほうぼくし)に遡るとされる。
economy
"economy"は古典ギリシャ語οικονομία(家政術)に由来する。οικος は家を意味し、νομος は法や慣習を意味する。従って、economyの本来の意味は家庭の統治における財の扱い方であるが、近代になってこれを国家統治の単位にまで拡張し、以前の意味と区別して政治経済学political economyという名称が登場する(この名称は後にA.マーシャルによってeconomicsと改められた。経済学を示すこの二つの語は同義である)。現代では単にeconomyと言えばpolitical economyの次元(あるいは更にグローバルな次元)での経済をさす。「経済」という訳語は日本への流入時期と古典の意味を考えればpolitical economyの訳語であろう。

尚、別の意味では、効率的な経済活動であることから転じて、商品の購入に際して金銭負担が少なくてすむことを「経済的」「エコノミカル」(Economical)ということがある。使用例としては、飛行機で最も低価格な座席等級が「エコノミークラス」と命名されていること等がある。

経済活動は概ね一定の範囲内で営まれており、それぞれの国の経済については、日本経済、アメリカ経済、中国経済等と呼ばれる。更に、地域や都市を一括りにして九州経済、大阪経済等と言う場合もある。

議論[編集]

出典の明記  この記事や節の内容に関する文献や情報源を探しています。ご存じの方はご提示ください。

経済とは取引である。

人間とは苦痛と快感という感覚を持ち、それらは厳格に、もしくはゆるやかに定められた認識する現実に対する反応として人の下に現れる。 ヒトは、苦痛を伴う現実を避け、快感をともなう現実を追求する。 快楽も苦痛も、大抵は現実の状態によって人間の内でどちらの感覚を感ずるかが決定され、その感覚の被験者となる当事者の自意識はその決定自体に参加できないため、自意識は大抵現実を変化させ、自らの感覚に対する負荷を弱めるか、貢献する事を指向する。そしてそれらと結びつくファクターとしての現実は、第三者によっても干渉可能である。 このような状態に置いて、現実を分析する存在によって予測された第三者による自らの感覚に対する影響の「予測」が、感覚と感覚の取引、つまり現実に対する干渉能力の取引に発展した。 つまり経済とは、自らの感覚を現実に委ねられているもの同士による、相手の現実に対する干渉能力の売り買いである

現代社会において、それらの取引は数式や複雑な枠組みを含みながら手法は展開している。他人の需要を数式化し、それに対して大きな裁量権を前もって備えておくための手法、もしくはそれらの取引を統括するルールを読み解き、先んじようとする手法、政治的にそれら需要に対する裁量権を確保するための戦略などが先鋭化している。が、経済の動力源として経済自体に期待されるものは基本的に変わっていない。殆どの人間は「勤労観念」と呼ばれる、「仕事の苦痛を消費財やサービスに交換できる」という単純な認識に傾倒している。

経済活動[編集]

経済用語[編集]

関連項目[編集]

Wiktionary
ウィクショナリー経済の項目があります。


bs:Privredafi:Talous

hr:Gospodarstvo ko:경제 lo:ເສດຖະກິດ no:Økonomi ps:اقتصاد sh:Privreda vi:Kinh tế yi:עקאנאמיע zh:经济