パティシエ

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

パティシエ (pâtissier) とはフランス語で菓子製造人を意味する名詞の男性形。女性形はパティシエール (pâtissière) となる。

概要[編集]

本来このパティシエは、器やパイ生地等に肉や魚を詰めて焼く料理、パテ料理の製造人のことを指していた。それが、いつの頃からかフランスでは菓子全般の職人のことを差す言葉となる。

日本では主に「スイーツ」と呼ばれる洋生菓子やデザートを作る職人の名称となっている。和菓子職人をパティシエと呼ぶ事はない。

職人が生み出すデザート類は、その一つ一つが芸術作品と思われる位に、幻想的および独創的な技の集大成であり、食べてしまうのが惜しまれる程の精巧さである。

人気の職業[編集]

今やメディア等で、連日のように取り上げられる注目の職種であり、将来なりたい職業の一つとして上位にランキングされている。

以前よりブームの兆しが見えていたが、それを決定づけたのは2001年フジテレビ系列で放映されたドラマ『アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~』である。アンティークで統一された店内を持つお洒落なパティスリー(洋菓子店)、そこに働くイケメンの店員達。このドラマに影響されて、翌年からパティシエを目指す人が急増。専門学校の入学希望者(とくに女性)が倍増したと云う。

実態[編集]

しかしながら、実際にはドラマの華やかさとは一転して、朝早くから遅くまでの長時間の立ち仕事、休みも少なく、細かい作業から力仕事まで、そして何より優れた美的感覚とその技術が要求され、その実態は数多くの事をこなす屋内型ガテン系である。どのような仕事にも言えるが、単なる憧れだけでなれるものではない。

その為もあり、2004年度の統計によると、職人自体の人数は年々減少傾向にあるようだ。特に若手男性の数が激減し、代わりに女性が進出。オーナーからスタッフまで全員が女性という菓子店も珍しくなくなってきている。

ヨーロッパ[編集]

欧州では、特にドイツ語圏内では女性に人気のある職業であり、従業員の半数が女性で占めている。しかし、フランスでは女性がこの職業に携わることは少なく、選択肢の話題にものぼらないと云う。しかしながら、パティシエ(あるいはパティシエール)は日本の医者に値する社会的地位を持ち 、さらにM.O.Fと呼ばれるフランス国家最高職人賞を持った者は、最高の栄誉と信頼が保証されている。

パティシエが登場する作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

このページはウィキペディア日本語版由来のコンテンツを利用しています。もとの記事・画像はパティシエにあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。ユアペディアと同じくウィキペディアGFDLのライセンスで提供されています。コンテンツを再利用する際には同じくGFDLのライセンスを採用してください。